Bones for Life(ボーンズ フォー ライフ)から始まったRuthy Alon(ルーシー アロン)のメソッドはその後、Chairs(チェアーズ)Walk for Life(ウォーク フォー ライフ)Mindfull Eating(マインドフル イーティング)の4つへと発展し、現在その総称をMovement Intelligence(ムーブメント インテリジェンス)といいます。

Bones for Life(ボーンズ フォー ライフ)

床や壁、7メートルの布(ボーンズ ラップ)などをサポートに使いながら、骨の健康、美しい姿勢・歩き方、重力への抵抗力・生命力を高めるレッスンです。

Chairs(チェアーズ)

イスを使ってのレッスンです。壁やボーンズ ラップも使いながら、イスに座って、もしくはイスを支えに骨格を通して力を伝え、よりバランスのとれた姿勢の調整をしていきます。

Walk for Life(ウォーク フォー ライフ)

ウォーキングポールを使って腕本来の機能を取り戻し、上背部の柔軟性を回復させ、全身の組織化をします。

Mindful Eating(マインドフル イーティング)

今までの自分の習慣的な食べ方に気づく機会になります。
口で噛んだものをよく味わうことで食べ物からの喜びを与えられ、満足できる必要量を知ります。

※この4つ以外に、セルフケアにより痛みや動きを解決していく「Solutions(ソリューションズ)」のレッスンも行われていますが、「Solutions(ソリューションズ)」はMovement Intelligence(ムーブメント インテリジェンス)のカテゴリーには含まれず、独立した形をとっています。

スタジオ サンパギータのBones for Life(ボーンズ フォー ライフ)のクラスでは、Bones for Life(ボーンズ フォー ライフ)Chairs(チェアーズ)をあわせ、またSolutions(ソリューションズ)の一部を取り入れたレッスンを行なっています。

お問合わせ先

電話
070-5404-4109
※電話に出られない場合は折り返しご連絡させていただきます。

©  スタジオ サンパギータ All Rights Reserved.
PAGE TOP