スタジオ サンパギータ

代表者略歴

服部 智子(Tomoko Hattori)

スタジオ サンパギータ代表
・Bones for Life トレーナー
・Chairs ティーチャー
・Walk for Life パートⅠ終了
・Solutions パートⅠ終了
・国際フェルデンクライス連盟公認プラクティショナー
・健康運動指導士

幼児から高齢者までの水泳・体力づくり、親子体操、介護予防運動、介護士、リフレクソロジーの施術、経理などの仕事にこれまで従事。

〈体の動かし方〉
高校3年の春より腰痛が出始めるもスポーツが好きだったため、社会体育を学び運動指導者となる。その後、先天性股関節亜脱臼があることがわかり、病院や治療院通いをしながら健康法なども取り入れてみる。よくなったりぶり返したりに合わせて、転職しながらの生活を15年ほど続ける。
仕事上必要だったダンスの練習中に、自分の動きにはつながりがなく無理をしても体が動かないので、体の使い方や動かし方がおかしいと思い、それから「動きの質」につながるようなものはないかを探し始めた。

〈フェルデンクライスメソッドとBones for Life(ボーンズ フォー ライフ)との出会い〉
健康運動指導士養成講習会で介護予防概論という講義名で受けたのがフェルデンクライス メソッドで、ここで求めていたものと出会う。そしてレッスンを受け始め、今まで何をするにも息をつめて力いっぱいやってきていたことに気がつき、自分の身体に目を向けるようになった。
その後、働いていた介護施設で一月半に3回骨折をされた利用者様がみえたので、骨を丈夫にできるものはないかとレッスンを受けていたプラクティショナーに相談したところ、Bones for Life(ボーンズ フォー ライフ)紹介され、そのまま指導者養成コースに入り指導者資格を取得する。

〈指導者資格取得後〉
Bones for Life(ボーンズ フォー ライフ)を始めて3年経った頃に測った身長は1,5㎝伸びており、骨密度測定値は、ピークといわれる20才の平均値よりも高くあった。そしていつの間にか腰痛等で困ることがなくなっていた。
Bones for Life(ボーンズ フォー ライフ)の指導者資格を取った後、フェルデンクライス メソッドの指導者養成コースに入り、痛みを作っていたのは自分自身であったことに気がついた。

スタジオ名の由来

学生時代に名古屋YMCA主催のフィリピン ワークキャンプに参加。そこでフィリピンが大好きになり、その後もスタディーツアーなどで度々フィリピンを訪れる。その縁から子どもとフィリピンとの関わりを中心に様々な環境・年齢の人々が集うNGO組織に勤務。そこで主に2・3才児の幼児グループの保育と小学生の野外活動、在日フィリピン人の子どもの教育に携わる。
その時期にフィリピン・マニラにある幼稚園でアシスタント教諭として2年間を過ごす。フィリピンの人たちから受けたたくさんの親切ややさしさ、ともに過ごした時間はとても豊かな経験となり、自身の人生に深く根付き、今なお生かされている。
初めてマニラの空港に降り立った時にもらったのが、芳香を放つフィリピンの国花「サンパギータ」の花飾り。今も大好きなフィリピンへの思いと、マニラのアパートの部屋にいつもサンパギータの花飾りを飾っていたことから「サンパギータ」をスタジオ名とし、2015年7月にスタジオをオープン。

サンパギータの花飾り

出張レッスン

過去に福祉事業所で働いていたことや、グループホームで共同生活を送っていたことなどから、就労移行支援事業所や福祉事業所などへの出張レッスンも行っています。

交通手段

・地下鉄名城線「大曽根」3番出口より徒歩7分
・JR・名鉄瀬戸線「大曽根」より徒歩10分
・名鉄瀬戸線「森下」より徒歩3分
・市バス幹名駅1系統・鶴舞11系統「森下駅」より徒歩2分

お問合わせ先

電話
070-5404-4109
※電話に出られない場合は折り返しご連絡させていただきます。
メール
studio-sampaguita@ymobile.ne.jp
©  スタジオ サンパギータ All Rights Reserved.
PAGE TOP